トップ 自転車ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自転車ナビ自転車について > 自転車の歴史

自転車の歴史

自転車の歴史の画像

現在では、わたしたちにとって身近な乗り物としてある自転車ですが、それでは自転車というのはいつ頃からあるものなのでしょうか。また、自転車は日本だけでなく、世界各国で利用されている乗り物ですが、なぜそんなにも多くの人に愛されているのでしょうか。

自転車の歴史については、諸説がありますが、現在では1817年にドイツで作られたものが現在のような二輪自転車の祖先ではないか、と言われています。この二輪自転車の祖先と考えられているものは、ドライジーネと呼ばれるもので、木製で前輪の向きを変えることができるハンドルと、前後同じ直径のタイヤが備えられています。現在のようなペダルやチェーンといったものはありませんので、動力は人力であっても、駆動するための装置はないため、地面を足で蹴って進む、というものでした。

このように駆動するような装置を一切もたないため、二輪自転車の祖先ではないかと言われていても、二輪自転車の元祖であるとは言えません。1861年にフランスで、現在の三輪車のように、前輪にペダルをとりつけた自転車が販売されましたが、このように少しずつ改良を重ねて、現在の自転車のような形になっていきました。

1870年頃のイギリスで、二輪自転車にスピードを持たせようと開発されたのが、前輪を巨大化させたペニー・ファージング型と呼ばれる自転車ですが、このペニー・ファージング型の自転車に日本にも普及し、日本ではだるま車と呼ばれました。このだるま車は、映像や写真なども多く残っているため、前輪の大きい、座席の高い自転車を見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

この自転車はとても人気があり、スポーツサイクルとしても普及しましたが、座席の位置が高く安定性というものはあまりよくありませんでした。この後、後輪をチェーンで駆動し、座席を低くして安全性を高めた自転車が開発されたり、タイヤが現在のように空気入りのものを実用化し、乗り心地をよくしたりといった開発が次々になされ、1888年頃、現在の二輪自転車の基本がほぼ完成されました。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自転車ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 渡部サイクル 島根県出雲市今市町境町3−11 電話0853-21-1435
    • 第3倉庫 鹿児島県霧島市隼人町神宮5丁目3−30 電話0995-55-0355
    • 有限会社丸栄商会 福岡県福岡市東区蒲田2丁目16−18 電話092-663-6351

今日のお勧め記事 ⇒ ロードバイク

一口に自転車と言っても、たくさんの種類の自転車があります。自転車は種類によってそれぞれに特化した機能などを持っていますので、自分のライフスタイルに合わせた自転車選びが大切になります。そのためにも、どのような種類の自転車があるのか、また自分のライフスタイルに合った自転車選びをするためには、どのようなことがポイントになるのか考えてみましょう。 自分のライフスタイルに合った自転車選びをするためには、自転車の種類やその機能に合わせた自転車の使い方というものを知っておく必要があります

自転車ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。